• 年頭所感(平成24年)

    • - 「辛抱」 -
    •  「我慢」と「辛抱」について調べてみた。ともに忍耐をあらわす同義語だと思っていたが、我慢は、もともと仏教用語で、我を立てる気持ちの意、つまり自慢の裏返しで、辛抱は、環境の苦しさに押し流されないで、向上心を持ち続...
    • 掲載日: 2012年1月01日
  • 菅首相の退陣と野田内閣の船出にあたって

    • - 失政の轍を踏むことだけはなしに願いたい -
    •  日経ビジネスで、河合 薫氏は「“決断”命!空回りリーダーが最後までさらした醜態」として次のように書いている。  『菅直人前首相は辞任の記者会見で「私の内閣を、歴史がどう評価するかは、後世の人々の判断に委ねる...
    • 掲載日: 2011年9月03日
  • 菅さん、あなたは史上最低のリーダーです

    • - 万事が場当たり的で、関係者を混乱させるだけ -
    •  国のエネルギー政策のなかで原子力発電にかかわる問題はダッチロール状況となり、島根原発の運転再開の見通しも全く見えなくなった。九州電力玄海原発をめぐって、6月29日、海江田万里経産相が佐賀県を訪問し、運転再開に...
    • 掲載日: 2011年7月08日
  • 「痛みを分かちあう」と言うこと

    • - みんなで少しの我慢をしよう -
    •  国会では「復興基本法」の修正協議に並行して、菅内閣に対する不信任決議が取りざたされています。被災地の復興のためには、早急なる特別立法と予算執行が不可欠であり、震災から80日が経過して、いまだに与野党協議が決着...
    • 掲載日: 2011年6月01日
  • 信無くんば立たず

    • - 福島第1原発事故の被害者救援・補償は政府が全面的に責任を負うべきです -
    • 『論語』顔淵に「子貢問政」の項があります。 子曰、「足食、足兵、民信之矣」。 子貢曰、「必不得已而去、於斯三者何先」。 曰、「去兵」。 子貢曰、「必不得已而去、於斯二者何先」。 曰、「去食。自古皆有死...
    • 掲載日: 2011年5月24日
  • 菅さん、いつまで場当たり対応を続けるのですか

    • - 法律改正しなければ復旧進まず原発の安全性も向上しません -
    •  東日本大震災の発生から50日が経過した5月2日、ようやく震災対策の補正予算が成立しました。M9という過去最大級の地震と津波によって東北地方の太平洋岸一帯の被害は福島原発を含めて甚大なものであり、住民の救難、生...
    • 掲載日: 2011年5月07日
  • 福島原発の事故対応は何を意味するのだろうか

    • - このままでは日本中で原発の稼働は難しくなるかも知れない -
    • 4月22日、政府は原子力災害対策特別措置法に基づいて、東京電力福島第1原発から半径20キロを「警戒区域」とし、その外側となる放射線の累積線量が年間20ミリシーベルトに達する可能性のある福島県内5市町村の全域か...
    • 掲載日: 2011年4月23日
  • 第17回統一地方選挙を終えて

    • - 自民党は新陳代謝が課題で、政治家を志す若者を養成しなければならない -
    •  第17回統一地方選挙は4月10日に都道府県、政令市の首長、議員選挙の投開票が行われた。全国的には民主退潮を印象づけ、自民、共産など既成政党の勢力は伸び悩みとなった。保守王国と言われる島根、鳥取では、現職知事が...
    • 掲載日: 2011年4月11日

 


園山繁の活動日誌

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302