• 燃料や穀物価格への国際協調は難しいのか

    燃料や穀物価格への国際協調は難しいのか

    • 何のためのサミット、G8なのだろうか
    •  原油などの燃料と小麦など穀物の価格上昇が止まらない。わずか3年で4倍になっている。上がらないのは日本のコメだけ。奇妙な現象である。原因がアメリカのドル剰りにあることは自明で、剰ったドルペパーが原油や穀物の市場に押し寄せている。識者によれば、このまま放置すればハイパーインフレによる金融クラッシュか暴動・戦争に向かうことは必至と言う。先日、自民党本部の会合で、伊吹幹事長に「サミットかG8で、是非とも議論すべきではないか」と申し上げたら、「ドル余剰の問題に言及するのであれば、日本と欧州がよほど協調してかからないと難しい」と応えられ、さらに「プラザ合意の際に竹下蔵相が果たした役割はとてつもなく大きく、周到な準備の上で達成された」と懐述された。どんなに困難でも、サミットでの原油、穀物への投機抑制に対するコミットが必要で、日本の国益が日毎に損なわれていくのを座視して、政治の責任は果たせない。
    • 掲載日: 2008年5月29日

 



園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302