• 「平成23年」年頭所感

    • 「備える」
    •  平成23年の年頭にあたり、あらためて自らに「何のために政に参画するのか」を自答した。小生は今春、数えて6度目の選挙を迎える。JUMP21を旗印にした政治活動は一貫して「次代に備える」であり、取り組むべきテーマは「地域再生」に変更はない。
       昨年は、円高、尖閣事件、TPP、朝鮮半島の緊張、口蹄疫、鳥インフルエンザなど、息つく暇もないほど「どう対処するか」という目前の対応に追われた1年で、「どう備えるか」がほとんど語られることがなかった気がする。年末年始のドカ雪による交通マヒなどはその証左だと思う。
       詩人、坂村真民先生の「あとからくる者のために」に、小生が取り組むべき姿勢が示されているので紹介する。

      「あとからくる者のために」
                 坂村真民
      あとからくる者のために
      苦労をするのだ 我慢をするのだ
      田を耕し種を用意しておくのだ
      あとからくる者のために
      山を川を海をきれいにしておくのだ
      ああ、あとからくる者のために
      みな、それぞれの力を続けるのだ
      あとからあとから続いている
      可愛い者たちのために
      未来を受け継ぐ者たちのために
      みな 夫々自分で出来る何かをしてゆくのだ
    • 掲載日: 2011年1月01日

 



園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302