犯人の釈放は検察官の職務を放棄したも同然

    • 投稿者:国士無双
    •  尖閣事件で逮捕した船長を取り調べただけで釈放させるなど理解しがたい。那覇地検はいったい何を考えているのか。大阪地検の大不祥事で検察は正しい判断ができなくなってしまったのか。公務執行妨害という罪状が明白な容疑者を、検察官が、起訴もせずに釈放するなど検察官の職務を放棄するもので、大阪よりもさらに深刻だ。マスコミでは、釈放は菅総理の意向だったと言っているが、総理の意向をどうやって一地検の検事が斟酌できるだろうか。船長の釈放は、中国にしてみれば「日本が尖閣を放棄した」と宣伝できる格好の材料を与えたことになる。尖閣も竹島と同じように外国に盗られるのを日本国民は指をくわえて見るだけなのか。あまりに情けない事態にはらわたが煮えくりかえる。
    • 投稿日: 2010年9月27日
    • → このご意見に対するコメントを投稿する
  • 国家統治にかかわる、まさにゆゆしき事態です

    • 投稿者:園山 繁
    •  ご指摘の通り、検察官が「外交上の配慮」から自らの職責を放棄することなどあり得ないことで、ゆゆしき事態です。今回の領海侵犯事件は民主党の党首選挙のさなかに起こされた「明らかに意志を持って行った」可能性が強く、決して偶発的なものではないと思います。また、あえて、領海侵犯や不法操業を問わずに、海上保安庁の艦艇に体当たりしたことに対する公務執行妨害で立件し、船長を除く乗組員を早期に帰国させたことは、官邸と海保、検察の密接な連携があったと考えられます。政府の方針は「国内法に基づいて粛々と対処する」で、検察が「外交上の配慮」から公訴権を放棄することは政府方針に反するもので、法務大臣は指揮権を発動すべきでした。今回の処置によって、中国が、日本政府は尖閣を放棄したとばかりに、さらなる圧力をかけてくることは自明です。尖閣の問題は民主党政権の国家統治に対する能力が問われる、まさに、正念場となりました。

 


 

皆様のご意見をお聞かせ下さい

園山繁に対するご意見、地域の問題点、県政についてのご意見等々、広く皆様のご意見をお聞かせください。

ご意見を投稿する

 

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302