無題

  • 我慢するということ

    • 投稿者:園山 繁
    •  菅首相が、本気で、震災による被災者救難と復興に向けて政権基盤を立て直しする気があれば、単に、電話で谷垣総裁や大島副総裁の入閣を要請し、「残念です」と諦めることなどあり得ないことで、とても理解できません。小生は、未曾有の災害を前にして、復興に向け、党派や立場を超えた取り組みが必要だと思っており、大連立をするのであれば、党首会談を行って、同じ立ち位置を確認することが必要だと思います。
       個人的な所感を述べれば、平成23年度の政府予算を全面的に組み替え、防災関連事業を除く新規事業の執行停止や生活保護や年金を含めた給付の引き下げ、子ども手当、高速道路の無料化、高校授業料無償化などによって復興に必要な財源を確保すべきだと思います。義捐金や救援物資の呼びかけは短期的には有効であっても、被害規模があまりに大きく、復興計画の策定を含めて、国が全面的な支援を講じなければ如何ともし難いと感じています。復興債の発行や消費税の引き上げが取りざたされていますが、この災難を国民全体で受け止め、ともに助け合うという観点からは、この際、皆が少しずつ我慢するということを考えるべきではないでしょうか。

 


 

皆様のご意見をお聞かせ下さい

園山繁に対するご意見、地域の問題点、県政についてのご意見等々、広く皆様のご意見をお聞かせください。

ご意見を投稿する

 

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302