世界で一番大切にしたい日本

    • 投稿者:kyky
    • 「日本で一番大切にしたい会社」という本があります。その中で【人の究極の幸せは4つ】と書いてあります。①人から愛されること②人に誉められること③人の役にたつこと④人から必要とされることだそうです。②③④は働くことによって得られる幸せだそうです。福島の原発事故の際に「身の危険を顧みず任務に従事した東京消防庁第6消防方面本部ハイパーレスキュー隊」はスペイン皇太子から「フクシマの英雄たち」の称号を授かったとの記事もあります。
      しかし、現在の政府は、原発対策(特に土壌汚染)・外交問題・拉致問題・円高対策・人口の少子高齢化問題・年金問題・税制問題・TPP・co2削減の環境問題・国家公務員人件費問題・食品の安全問題などなど、沢山ありすぎて是正が出来ないのでしょうか?園山先生助けて
    • 投稿日: 2011年10月22日
    • → このご意見に対するコメントを投稿する
  • 「人のために尽くす」こと

    • 投稿者:園山 繁
    •  小生が旧平田市議会に議席を得て、政治に参画させていただいてから20年が経過しました。時に、孤立し、誤解されることもたくさんありますが、難しい判断を求められたときには、物の道理、社会の流れ、時代の要請、海外の状況などを参考にして、「人のためになるかどうか」を自らに問い、「和而不流(和して流れず)」を決めています。政治家は選挙に落ちればタダの人ですから、選挙区の有権者の動向は大きな関心事ではありますが、小生が必ずしも多数意見に与しない独自の行動をとることが可能となる理由の一つは「中選挙区」だから、つまり、同じ政党、会派に属していても違う政見を持つことが可能で、議論のなかで一つの方向に収斂させることができるからだと思います。
       国政は衆議院に小選挙区制が採用され、何度かの選挙を経て、政党が結論を国民に示して政権選択を求めるかたちになりました。このまま推移すれば、衆議院の議員は、個人の政見以前に所属政党の政策、結論に束縛されることとなりますから、資質や見識よりも「選挙に勝てるか否か」が「すへての価値判断の基準」になることが容易に想像できます。
       ご指摘のように、日本はいま、内政、外交・防衛などすべてに解決しなければならない事柄がたくさんありますが、国政の停滞は目を覆うばかりです。しかし、「議員であり続けるための方便を優先させなければ議席を失う」という意識が、政治のダイナミズムを消滅させ、懸案の先送りを許容させていると思います。「人のために尽くす」という動機が「政治家であり続ける」という意識に変わったとき、いかに処すべきかを自らに言い聞かせています。
  • 事業仕訳

    • 投稿者:kyky
    • 財政再建はムダの総点検をして、収入の中での運営をすることです。

 


 

皆様のご意見をお聞かせ下さい

園山繁に対するご意見、地域の問題点、県政についてのご意見等々、広く皆様のご意見をお聞かせください。

ご意見を投稿する

 

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302