佐田分校の廃止について

    • 投稿者:佐田町に住む出雲市民
    •  昨年の7月に平成25年度の生徒募集停止が示されてから1年、既定方針り通りに佐田分校の廃止が決まりました。佐田町の子供の数は著しく減少しており、窪田小と須佐小、佐田中も1クラスが20人に足りません。このままでは地域が崩壊してしまいます。「効率」、「適正規模」という理屈で公共施設が次々に統廃合されていますが、これは、人口減少→学校の統廃合→過疎化の進行→さらに人口減少→コミュニティの喪失という「負のスパイラル」に陥いらせるもので、必至で頑張っている地域に冷水を浴びせるようなものです。県や市の行政は私たちの地域を見捨ててしまうのではないでしょうね。
    • 投稿日: 2012年6月14日
    • → このご意見に対するコメントを投稿する
  • 少子高齢化の進行は島根で暮らす私たちすべての問題です

    • 投稿者:園山 繁
    •  島根県教育委員会は、6月13日に開催した第1478回定例教育委員会議で、平成25年度から島根県立大社高等学校佐田分校の生徒募集を停止する方針を決定しました。佐田分校は昭和23年に出雲農業高校定時制課程西須佐分校として開校して以来、佐田地域の人材養成を担ってきたわけですが、近年の出生数の大幅な減少は、地域の教育環境を維持存続させることを難しくさせており、ご指摘のように、「負のスパイラル」の懸念が生じております。県内の出生数はここ数年5000人程度となっており、数年後には高校の大幅な統合・再編は不可避な情勢となっております。過疎地域のみならず農山漁村地域の振興は、効率や経済性の議論で片付けるべきではない日本社会の根元的課題であり、島根で暮らす私たちすべての問題であると認識しています。佐田分校の生徒募集停止は極めて残念な決定ですが、少子高齢化が進行する故の地域課題を解決するために、不断の政策研究、検討を行っていきたいと思っております。

 


 

皆様のご意見をお聞かせ下さい

園山繁に対するご意見、地域の問題点、県政についてのご意見等々、広く皆様のご意見をお聞かせください。

ご意見を投稿する

 

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302