日本の南極観測の継続が危うい

    • 投稿者:一市民
    • 南極観測船「しらせ」が11月11日に第54次南極地域観測隊の活動に必要な食料、燃料など約1124トンを積んで出航した。昭和基地周辺の海域はここ数年、厚い海氷に覆われて接岸ができず、物資の輸送は大型ヘリで対応している。しかし、民主党政権の事業仕分けによって、極地観測の予算が大幅に圧縮され、大型ヘリコプター2機のうち1機が昨年故障したまま整備がされていない。そのため、「しらせ」からヘリで基地に運べる物資の量は712トンにとどまり、2年後には基地の備蓄燃料が尽きると言われている。世界一と言われる極地研究も危機に瀕しているのだ。民主党政権が続く限り、いくら特例公債法案が成立しても必要なところに予算はつかない。
    • 投稿日: 2012年11月12日
    • → このご意見に対するコメントを投稿する
  • 「国益に叶う」という意識

    • 投稿者:園山 繁
    •  事業仕分けで蓮舫参議院議員の『何時起こるか分からない大地震のために学校耐震化予算が必要ですか』『2番ではダメなんでしょうか』というコメントに象徴されるように民主党政権は、災害対策や技術開発などの予算を「ムダ」として大幅削減し、高校授業料無償化や子ども手当などのバラマキに充当しました。東日本大震災の発生やはやぶさの帰還、IPS細胞のノーベル賞などの刹那、災害関連予算や科学技術予算を大幅増額する一方でバラマキが継続されているため「仕分け」どころか予算は水ぶくれし、年間50兆円もの国債発行が必要になっている現状です。財政の悪化はもとより周辺国との関係悪化、超円高による景気の悪化、沖縄の基地問題の悪化などこの3年間に見せつけられた民主党政権の治世はよみうり川柳に「素人に国を任せたツケが来た」とあるように悲惨なものです。一日も早く衆議院の総選挙を実施して、衆、参のねじれを克服して新しい政権をつくり、国益を踏まえたまともな政治を展開してもらいたいと思います。  

 


 

皆様のご意見をお聞かせ下さい

園山繁に対するご意見、地域の問題点、県政についてのご意見等々、広く皆様のご意見をお聞かせください。

ご意見を投稿する

 

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302