学校長の判断を尊重すべきだ

    • 投稿者:ゲンの報道について考える一市民
    •  学校図書館に、例えば、烈しいものとすると「北斗の拳」のようなマンガがあるとは思えませんが、残酷だと形容されるシーンが登場するマンガなどは山ほどあります。今の時代、インターネット上にある膨大な情報がいつでも誰でもが閲覧可能であることを考えれば、青少年には情報を正しく理解、判別できる能力をつける訓練が必要だと思います。松江市教育委員会は、はだしのゲンの閲覧を制限しましたが、むしろ、積極的に学習教材として利用し、事実であることや事実であるかどうか不明であること、事実でないこと、または、適切であることや適切でないことなどをきちんと教えるべきだという園山議員の意見に全面的に賛同しますが、どうするかは、学校現場に任せても良いのではないでしょうか。
    • 投稿日: 2013年8月22日
    • → このご意見に対するコメントを投稿する
  • 教育委員会が最終判断をして収拾を図るべき

    • 投稿者:園山 繁
    •  一般的に学校図書館(室)にどのような図書資料を備え、閲覧方法をどうするかは、学校長が司書教諭や担当教諭などの意見を聞いて判断すべき範疇です。しかし、今回の松江市の事案は、市民が「学校図書館に置くべきでない」とした陳情が、市議会で「不採択」とされながら、審査の過程で出された意見等を勘案して、教育委員会が「閉架」と判断したもので、報道によって全国的な注目をされていることもあり、社会問題化しつつあります。もはや、学校現場に判断を求めることは、必要以上のストレスを与えることとなり、適切ではありません。むしろ、早期に教育委員会が最終判断をして、事態の収拾を図るべきだと思います。現代社会では夥しい情報を選り分ける判断力が必要で、そうした能力を醸成するためには、正・負の情報について正しく学ぶ必要があります。教育委員会で「閉架」を決めるのであれば、一方で、教師に平和学習の材料として積極的に活用すべきとする要請・指導が必要だと思います。いずれにしても、今回の事案は学校図書館の管理・運営のあり方についてのケーススタディであり、今後に生かしてもらいたいと思います。
  • ゲン

    • 投稿者:ハル・ノート
    • はだしのゲンの内容の中に真実性がない表現がある。天皇陛下を侮辱していたり、国歌に対して間違った解釈、日本軍による蛮行、これらの内容は、正しい戦前、戦後の歴史認識をしていない人達が作った物であり真実ではない。小学生の頃からこのような本を読んでいたら正しい歴史認識に対して洗脳される、テレビばかり見ているせいか世論操作により流されている日本人が多くいる、インターネットを通しても戦争の真実が勉強できる。日本を取り戻そう!
  • 退職教員のつぶやき

    • 投稿者:一市民
    •  松江市の市教委は「閉架要請を取り消して従前に戻す」ことを決定しましたが、その理由を「手続きに瑕疵があった」とするのであれば、問題が発覚した際にいったん取り消しして、時間をかけて再協議すべきでした。わずか10日の間に、はだしのゲンの問題は全国的に大きく取り上げられ、社会問題化してしまいました。園山先生がコメントされているように、学校現場にまた要らざるストレスを生じさせる因子ができたことは間違いありません。教育委員の皆さんに学校現場の苦悩がわかっていただけているのか疑問に思います。
  • はだしのゲン

    • 投稿者:市民
    • はだしのゲンは前半4巻までは作者の被爆体験を表したもので
      『少年ジャンプ』で掲載されたが。

      5巻以降は共産党や日教組などの機関誌に掲載されて、
      日本軍の残虐性や反天皇などの政治色の強い内容に変わったそうだな。

      掲載誌が途中で変わったから、
      はだしのゲンを途中までしか読んで無い人は多いそうだ。

      ちなみに閲覧禁止にしようとしたのは市民の指摘を受けて、
      その後半部分だけだったのだが。

      左翼の報道機関などが無理やり『右翼による戦争全否定』という話しに
      持ち込んだのが真相だそうだ


      はだしのゲン
      ・1973~1974 少年ジャンプ(集英社)(1年半)1~4巻
      ・1975~1976 市民(勁草書房)(1年)5~6巻
      ・1977~1980 文化評論(新日本出版社-共産党系)(3年半)6~8巻
      ・(2年間のブランク)
      ・1982~1985 教育評論(日教組機関誌)(3年半)9~10巻

 


 

皆様のご意見をお聞かせ下さい

園山繁に対するご意見、地域の問題点、県政についてのご意見等々、広く皆様のご意見をお聞かせください。

ご意見を投稿する

 

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302