18才の選挙権

    • 投稿者:一市民
    •  外国にならって日本も選挙の投票が18才からになるそうですが反対です。日本の18才はほとんどが学校に通っていて親が面倒をみています。国民の3大義務は勤労、納税、教育で勤労や納税の義務をほとんど果たせない世代に選挙権を与えることはおかしいと思います。事実20代の人たちの投票率は非常に低いではないですか。
    • 投稿日: 2015年2月26日
    • → このご意見に対するコメントを投稿する
  • 国民的なコンセンサスを得ていない

    • 投稿者:園山 繁
    •  選挙権の年齢引き下げは、昨年秋の臨時国会中に8党合意され、今年の通常国会で法律改正が行われ、来夏の参議院選挙から施行と報道されています。各政党の幹部は、憲法改正の手続き法である改正国民投票法で「投票は18歳以上」と規定したことによる一連の手続きとしていますが、憲法改正と一般選挙を同じにすることについて、私たち地方議員には一片の説明もなく、全く「寝耳に水」のことでした。新聞の論調は「国際標準」としてほぼ容認と感じますが、ご指摘の通り、日本の18才のほとんどは学業中で「親掛かり」です。言うまでもなく、選挙は民主主義の基本で、1丁目1番地です。選挙権付与に関する事項は、選挙の区割りや定数など手続きの枝葉末節部分とは全く異なる根幹部ですから、極めて重大なものです。日本は議会制民主主義を標榜する法治国家であり、議会が、税の再配分を住民衆議で決するという生い立ちであることを考えれば、全く国民的なコンセンサスは得られていません。識者のコメントに「投票年齢の引き下げは若者の政治意識を向上させる」とありますが、果たすべき義務を脇に置いて、権利の行使を声高に主張する風潮が、日本の社会モラルを大きく変質、低下させており、小生は投票権の年齢引き下げは「時期尚早」だと思います。

 


 

皆様のご意見をお聞かせ下さい

園山繁に対するご意見、地域の問題点、県政についてのご意見等々、広く皆様のご意見をお聞かせください。

ご意見を投稿する

 

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302