衆議院解散と国政の動きをどう見ますか

    • 投稿者:一市民
    •  安倍総理大臣が衆議院の解散を表明したと同時に「待ってました」とばかりに小池東京都知事が記者会見で新党の旗揚げをアピールしました。即座に自由党や民進党がこれに合流すると報道されおり、流れは大きく野党の結集に動いています。園山県議はこうした国政の状況をどのように見ておられますか。
    • 投稿日: 2017年9月28日
    • → このご意見に対するコメントを投稿する
  • 政党は選挙に当選するためのツールでありません

    • 投稿者:園山 繁
    •  議会制民主主義の権力決定手続きは選挙による議員または首長の選出が出発点ですから、国や地域を担う気概のある人たちが当選を目指して跋扈・猛進することは、小生も議会に身を置く身であり理解できます。日本は議院内閣制で議会の多数派が内閣を形成しますから、思想、信条、外交、防衛などの基本的な政策を共有する人たちの集団である政党の役割は極めて大きく、とりわけ、総理大臣の指名を決定づける「政権選択」の機会となる衆議院総選挙であればなおさらです。しかし、選挙の公示直前になって100人以上の議員を有する野党第1党である民進党が(小池東京都知事のネームバリューが高く、話題性があるとしても)、国会議員に立候補しない、つまり総理大臣になる資格を持たない党首が主導するきぼうの党に合流するなど「あってはならないこと」です。しかも、選挙後に誰がどのような手続きで首班指名候補(総理大臣候補)となるのかも分からず、党首と異なる議員が首班に指名されれば「権力の2重構造」が発生し、国政の混乱と停滞は容易に予測できます。政党は選挙に当選するためのツールでありません。いくら、民進党の苦戦が予測されたにせよ、前原代表の決断は不可解であり、結果として、民進党の四分五裂は避けられないところです。「政党は思想、信条、外交、防衛などの基本的な政策を共有する集団である」という本旨から離れた行動の代償は「とてつもなく大きい」と思います。

 


 

皆様のご意見をお聞かせ下さい

園山繁に対するご意見、地域の問題点、県政についてのご意見等々、広く皆様のご意見をお聞かせください。

ご意見を投稿する

 

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302