令和2年2月定例県議会一問一答質問(3)

  • 里山の荒廃(奥山化)について

    •  石炭・石油、天然ガスなどの化石燃料によるエネルギー供給は、薪炭、水力などいわゆるバイオマスエネルギーの循環によるエネルギー供給の仕組みを変化させました。
      いま、地球温暖化による気候変動や大地震、ゲリラ豪雨などの事象は、災害や生態系の変化を想起させており、文明が地球環境を棄損させ、人類の生存を危機に追い込むに至って、少しずつ、「価値」に対する思考が変化しつつあります。

      森林は、人工林と天然林に分けられるが、その定義は。(農林水産部長)

      人工林は、「植えて、育てて、伐って、使って、また植える」という40~60年の循環利用を前提にしています。天然林の大半は、『原生林』とは異なる里山で、薪炭林や農用林として活用されてきましたが、エネルギー革命によって放置され、見通しの良い疎林は鬱蒼とした森に変わり、奥山化し、『人の領域から野生の領域となって生存を脅かす』状況になっています。

      山林の荒廃がもたらす懸念事項は何だとお考えになりますか。(農林水産部長)
      里山の奥山化は、クマ、サル、シカ、イノシシなどによる野生鳥獣の出没となり、現在の農林産物の被害は、年間300億円に上るとも言われています。
      人工林でのシカによる幼木の食害と成木の剥皮(角擦り)は林業サイクルを台無しにしますが、昨年の豚コレラの流行は野生のイノシシが媒介した可能性が強いとされ、いま世界中の脅威となっている新型コロナウイルスも野生鳥獣が媒介したものとされています。

      二宮尊徳は「『天道』と『人道』の調和」を説いていますが、その意味するところはどのようなものだと考えますか。(政策企画局長)

      森林環境税の導入は、人工林、天然林の区別なく、森林をきちんと管理をし、人工林は建築用材の供給を可能にする経済性を回復させ、天然林はバイオマスエネルギーや林産食料の供給の場として整備することを目的にしたもので、奥山化した里山に、もう一度手を入れることは、天道と人道を意識した、極めて時宜を得た所作であると言えます。

      森林環境譲与税の交付を受けて、令和2年度から県が推し進める新たな森林・林業施策の要諦と方向についてお聞かせください。(農林水産部長)

 


園山繁の活動日誌

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302