令和2年2月定例県議会一問一答質問(1)

  • 新型コロナウイルスの感染拡大について

    •  新型コロナウイルスの感染拡大は、政府が感染のスピードを遅らせ、社会的混乱をできるだけ小さくするための対策として、学校の臨時休業や大規模イベントなどの自粛要請をするという事態に発展しました。

      島根県には感染が報告されるまでの間、学校の臨時休業などを実施するまでに一定の時間がありますが、Xデーに備えた準備はどのようにされていますか。(総務部長・教育長・健康福祉部長)

      新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、県内経済への影響予測と、最悪の事態に備えて、どのような対策が必要だとお考えになっているのかお尋ねします。(商工労働部長)

      島根県感染症情報センターのホームページには、インフルエンザの感染情報が詳しく掲示されています。
      2009年の新型インフルエンザは、初夏から夏に流行し、その後にタミフルの大量備蓄が始まったように記憶しています。

      いま、タミフルはどうなっていますか。また、感染防護服やマスクなど、感染症対策のための県や市町村の備蓄状況をお尋ねします。(健康福祉部長)

      例年、インフルエンザの感染者数は、国内で1000万人を超え、超過死亡概念によると、約1万人が死亡すると推計されています。日本では、10年前の新型インフルエンザの流行以後、PCR検査の陽性があれば、職場や学校を一定期間休んで、感染拡大を防止するという社会ルールが確立しています。今回の新型コロナウイルスの感染では、死亡している人の割合が通常のインフルエンザよりも低く、ほとんどの死亡例が高齢者や既往症を有する人となっています。
      もちろん、感染拡大に対して十分な、注意、配慮は必要ですが、もう少し、加熱気味のマスコミ報道から離れて、冷静な対応が必要だと考えます。
      病院や保育園に勤務する医療職や保育職にも家族や子どもがあり、準備期間や配偶者や家族の特別休暇付与などの緊急法令の整備もないまま、一気に一斉休校などという措置は疑問とするところです。

      県内で、感染が確認され、学校や職場を閉鎖する必要が生じた場合、家族に休業することが困難な施設に勤務する医療職や保育職、介護職がある場合には、どのような対処が必要でしょうか。また、それが県職員の場合、どのような対応をお執りになりますか。(知事)


 


園山繁の活動日誌

 

モバイル版 園山繁 JUMP21

  • モバイル版 園山繁 JUMP21
    • ケータイから JUMP21 にアクセスしよう!

 


園山事務所 (Sonoyama Office)
Space
〒691-0002 島根県出雲市平田町219 園山ビル1F
TEL: 0853-62-0016 FAX: 0853-63-8302